旧約聖書からの引用

わたしは改めて
太陽の下に空しいことがあるのを見た。
ひとりの男があった。友も息子も兄弟もない。
際限もなく労苦し、彼の目は富に飽くことがない。
「自分の魂に快いものを欠いてまで誰のために労苦するのか」と思いもしない。
これまた空く、不幸なことだ。

ひとりよりもふたりが良い。
共に労苦すれば、その報いは良い。
倒れれば、ひとりがその友を助け起こす。
倒れても起こしてくれる友のない人は不幸だ。
更に、ふたりで寝れば暖かいが
ひとりでどうして暖まれようか。
ひとりが攻められれば、ふたりでこれに対する。
三つよりの糸は切れにくい。

(コヘレトの言葉4.7-12)

確かにそうなんだけれど。

バディは人間じゃなきゃ駄目ということもないんじゃないかと屁理屈をこねたくなったり。

あえてひとりでいることを選ぶ必要はない。でも、選びようもなくひとりである人間はどうすればいいのでしょうか。ひとりであることを魂に快いと思うのはいけないことなのでしょうか。やはり孤独とは不幸なのでしょうか。